ガジェット・サービス

育児記録アプリの定番「ぴよログ」の活用エピソードを紹介

「ぴよログ」ってどんなアプリなの?
具体的に何に役立つか教えてほしい。

本記事では以上のような疑問にお答えします。

こんにちは、ゆきはる(@yukiharu75)です。
私にはもうすぐ2歳半になる息子がいます。

はじめての育児に奮闘する中で、日ごろからお世話になっているツールのひとつが「ぴよログ」というアプリです。

僕は実際にこの約2年半のあいだ、毎日ぴよログを使い続けています
そして大袈裟ではなく、このアプリがなかったらどうなっていたか…といった場面が多くありました。

そこで本記事では、以下のような内容をまとめました。

本記事の内容

  • ぴよログの基本機能
  • おすすめポイント
  • 活用エピソード【体験談】

実際に使い続けていたからこそわかるおすすめポイントや活用エピソードを中心に紹介していきます。

育児記録 - ぴよログ

育児記録 - ぴよログ

PiyoLog Inc.無料posted withアプリーチ

ぴよログの基本機能

ぴよログはリアルタイムで共有できる育児記録アプリです。
ミルクやおむつ交換、睡眠などの記録や育児日記を簡単な操作でつけることができます。
他にも便利な授乳タイマーやまとめグラフ、PDF書き出し機能など便利な機能がたくさん!
毎日の育児記録をぴよログがお手伝いします。

出典:ぴよログ公式サイト - ぴよログとは?

上記はぴよログ公式サイトからの引用文になります。
こちらの内容からもわかるようにぴよログは以下の機能を備えています。

基本機能

  • 育児記録
  • 育児日記
  • リアルタイム共有(複数アカウント利用)
  • 授乳タイマー
  • まとめグラフ
  • PDF書き出し
  • AIアシスタント

これらの機能がすべて無料で使うことができます。

メインとなる育児記録をベースに

  • 夫婦間で記録の内容を共有したい
  • 記録内容をまとめて見たい
  • 紙に出力して記録に残しておきたい

といった利用者ニーズを押さえています。
具体的な機能やコメントは後述します。

「ぴよログ」は基本的に無料で使うことができますが、有料のプレミアムプランも存在します。
400円/月もしくは3,800円/年で広告削除や限定アイコンスタイル追加、優先サポートなどの機能が追加されます。

「ぴよログ」は、「ぴよログ予防接種」や「陣痛タイマーbyぴよログ」といった姉妹アプリと連携して使うことができます。
予防接種は育児の中で必ず管理する必要があるため、幅広く育児をサポートしてくれるアプリということがわかります。

おすすめポイント

次に、実際に「ぴよログ」を使っている中で特に気に入っているおすすめポイントを紹介します。

育児記録 × スマホアプリの相性のよさ

これは特定の機能に限った話ではなく、前提の話になります。

育児記録をスマホでつけることができるということ自体が「ぴよログ」の最大の魅力であり、僕が使い続けている理由です。

育児記録をつけるのは決まったタイミングではありません。
そのため、常に記録することができる状態が理想です。

実際に私が記録している回数は10~20回/日ほどです。
つまり、12時間/日は子どもの睡眠時間として考えると1時間に1,2回は記録したいタイミングがあることになります。
かなり多いですよね。

そこでスマホの出番です。

スマホを肌身離さず持ち歩いているという方は多いのではないでしょうか?
屋内・屋外問わず、身近にあるのがスマホです。

そういった意味で、育児記録とスマホアプリはとても相性がいいと言えます。

いつも紙とペンを持ち歩いている人はなかなかいないですよね。

ゆきはる

操作のしやすや

前述のとおり、「ぴよログ」は多くの機能を提供してくれます。
それでいて、操作はとても簡単です。

僕はこのアプリを使用していて調べないと使えない機能は一切ありませんでした
すべての機能が直感的に使用することができ、その方法は単純明快ということです。

もちろん、丁寧なヘルプやチュートリアルも準備されています。
普段からスマホを操作する機会があまりないといった人に向けて作られていると感じます。

さらに、アプリのアップデートも頻繁にされており、日々バグ修正や操作性が向上されている点も評価できるポイントです。
以下、2021年10月(iOS版:7.3.1)から現在(2022年3月)までのアップデート情報になります。

年月バージョンアップデート回数アップデート概要
2021年10月7.3.1~7.3.66回バグ修正
2021年11月7.4.0~7.4.34回バグ修正、操作性の向上
2021年12月7.4.4~7.5.610回バグ修正、操作性の向上、新機能追加
2022年1月7.5.7~7.5.104回バグ修正、新機能追加
2022年2月7.5.111回ローカリゼーション更新

「毎月バグ修正って、そんなにバグが多いアプリなの?」
なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはちょっと違います。

様々な理由がありますが、バグのないアプリを作ることはほぼ不可能です。
そのため、頻繁にバグ修正を行っているアプリこそ安心して使えるということです。

記録のしやすさ

操作のしやすさとイコールにはなりますが、特に記録のしやすやは群を抜いています。
「簡単操作で記録がつけられる!」と公式が言われている通り、2 , 3 タップで記録することができます。

左図:トップ画面の下(赤枠)に記録項目、スワイプ可能/左図:記録項目の並べ替え

さらに、記録項目は自由に並べ替えをすることができます。
僕の場合は睡眠(起きる・寝る)排せつ食事(ごはん・おやつ)をトップに設定しています。

アイコンのわかりやすさも記録のしやすさに繋がっていると考えています。
パっと見で迷うことなく操作することができます。

カスタム項目を最大10個設定できるところも、かゆいところに手が届いているうれしい機能です。
私の場合は爪切りアレルギートレーニングを設定しています。

AIアシスタント機能

AIアシスタント機能とは、iPhoneユーザーでいうところの「Hey Siri,○○」を利用した機能です。
「Siri」以外に「Googleアシスタント」「Alexa」にも対応しています。

これまでタイマー設定くらいにしか使っていなかったSiriですが、このアプリを使い始めてから毎日のようにSiriを呼んでいます。

左図:ぴよログの設定画面からSiriの設定ができる/右図:様々な操作が可能
左図:実際の追加画面/右図:これで「Hey Siri、ごはんを食べたよ」で記録してくれます

AIアシスタント機能では「○○を記録する」や「最近の○○の記録を確認する」といった操作が可能です。

僕が特に使っているのは排せつの記録です。
いつもオムツを替えながら記録はSiriにお願いしています。

ゆきはる

AIアシスタント機能は「ぴよログ」をインストールしたらすぐに使えるようになっているわけではありません。
上記のような設定が必須になるため、注意してください。

これは、この機能がiPhoneのショートカットを用いて実装しているからです。
ただし、逆に言うと「Hey Siri,○○」の○○の部分は好きに決めることができるのでカスタマイズ性が高くて便利です。

ショートカットアプリから設定内容の確認、編集ができる

設定内容はショートカットのアプリで確認することができます。
編集や削除もこちらからできます。

あまりアレンジしすぎると、どういったフレーズで登録したかがわからなくなってしまうため気をつけてください。

ゆきはる

育児日記

育児記録以外にも、育児日記をつけることもできます。
僕の場合、記録として残しておきたい事象書き留めておきたいことを記録することにしています。

たとえば、

  • いつもと様子が違ったこと
  • 病気をしたときなどの症状
  • はじめて立った!歩いた!といった節目

といったことです。

写真も一緒に登録することができるのもうれしいですね。

ゆきはる

活用エピソード【体験談】

ここからは僕が実際に体験した具体的な活用エピソードを紹介します。

共働き夫婦の子育て

我が家は共働きのため、夫婦で協力して育児をしています。
そんな中必ず必要になってくるのが育児記録の共有です。

普段、子どもは保育園に預けているのですが、以前突然、丸一日面倒をみなければならない時がありました。

平日だったためママもパパも仕事…。
なんとか半日ずつ休暇を取れることになり、午前中はママ午後からパパが面倒をみることに。

「朝はゆっくり寝ていたから昼寝は少しでOK」
「ご飯はあまり食べていないからおやつは多めに」
「あとは…」

こういったことは話しません。

必要なのは一言だけ

「ぴよログ見てね」

これで育児記録の共有が完了します。

共働き夫婦だととにかく時間がないことが多いですよね。
「ぴよログ」を使うことで時短の効果もあります。

子どもの体調不良のサイン

乳幼児は自らの体調不良を訴えることができません。
そのため、親である我々が体調不良のサインを拾ってあげる必要があります。

しかし、何がサインなのか…私もはじめての育児ということもあり悩みました。
そんなときに助けてくれるのが「ぴよログ」です。

睡眠、食事、運動、排せつ、体温…
このような情報が毎日「ぴよログ」に蓄積されています。

「ちょっといつもと様子違うけど、病院連れて行った方がよいかな?」
そういったときは必ずぴよログを確認するようにしています。

過去の情報はまとめてみることもできるので便利です。

ゆきはる

これは最近の出来事なのですが、子どもが救急車に運ばれたときがありました。
うちの子どもは食べ物アレルギー持ちで、トレーニングとしてアレルギーである食べ物を少量食べさせていました。

しかし、その日はアレルギー症状がひどく、顔がみるみる青ざめて…。
土曜の夕方過ぎということもあり、急ぎ救急車を呼ぶことにしました。

救急車に運び込まれると、直近の出来事を救急隊員の方に訊かれます。

ここで「ぴよログ」が大活躍です。
ざっくりと以下のような質問がありました。

  • いつ頃から症状が出ているか
  • 何時ごろに何をしたか・何を口にしたか
  • いつもと違ったところはないか

「ぴよログ」にすべての情報を記録しているため、急な質問にもすらすら答えることができました。

おかげで大事に至らずに済みました。(本当によかった…)

ゆきはる

この一件以外にも、病院にかかるときにはいつも「ぴよログ」の情報を参考にしながら最近の様子を伝えるようにしています。
「ぴよログ」で記録していなかったらどうなっていたか…と感じることは少なくありません。

ママが乳腺炎に…

これは少し前、ママのエピソードになります。

我が家では 0 ~ 1 歳過ぎまでほとんどの食事は授乳のみでした。
その時に大活躍だったのが「ぴよログ」の授乳タイマーです。

出産後すぐ(2週間ほど)でママが乳腺炎にかかりました。
はじめてのことに家族みんなで大混乱…。

乳腺炎の予防としては、しっかり母乳を飲んでもらうこと。
そのため、左右まんべんなく飲んでもらうために授乳タイマーはかなり重宝しました。

タイマーで計ったあとはそのまま記録してくれます。
ママ曰く、アラーム機能も夜中に大活躍していたそうです。

ママと「ぴよログ」には感謝の気持ちでいっぱいです。

ゆきはる

まとめ

今回は体験談を交えて「ぴよログ」というアプリについて紹介しました。

まとめると以下のような内容になります。

本記事のまとめ

ぴよログの基本機能

  • 育児記録&育児日記
  • リアルタイム共有(複数アカウント運用)
  • 授乳タイマー
  • まとめグラフ
  • PDF書き出し
  • AIアシスタント対応

ぴよログのおすすめポイント

  • 育児記録 × スマホアプリの相性のよさ
  • 操作&記録のしやすさ
  • AIアシスタント機能
  • 育児日記

活用エピソード【体験談】

  • 夫婦間の育児記録共有エピソード
  • 子どもの体調不良エピソード
  • 授乳タイマー活躍エピソード

「ぴよログ」は育児をされているすべての方におすすめできるアプリだと考えています。
これから出産を控えている方や乳幼児の子育てでお悩みの方はぜひ利用してみてください。

育児記録 - ぴよログ

育児記録 - ぴよログ

PiyoLog Inc.無料posted withアプリーチ

他にも育児に役立つサービスを紹介している記事も書いております。
ぜひ参考にしてみてください。

【絵本のサブスク】子どもに選ばれる絵本が届くワールドライブラリーパーソナルの実体験レビュー

続きを見る

アマプラをフル活用して育児を楽しもう!!【育児に役立つおすすめアプリ】

続きを見る

最後までお読みいただきありがとうございました!

-ガジェット・サービス
-