ガジェット・サービス

Fire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングする方法

Fire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングする方法を教えてください。

このような悩みを解決します。

本記事の内容

  • ミラーリングするために必要なツール
  • iPhoneの画面をミラーリングする方法
  • ミラーリングできなかった時の対処法

こんにちは、ゆきはる(@yukiharu75)です。

AmazonデバイスのひとつであるFire TV Stickって便利ですよね。

我が家でも毎日のように2歳の息子が「○○見たい~!」とリモコンを突き出してせがんできます。

そんなFire TV StickでiPhoneの画面を映し出すミラーリングができるってご存じですか?

「iPhoneの画面をテレビの大画面でも見られるようにしたい!」
「やってみているけど、うまく設定ができない…」

そんな方に向けて、今回はFire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングする方法について解説していきます。

それでは早速説明していきます。

ミラーリングするために必要なツール

Fire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングするために必要なツールは以下の通りです。

必要なツール

  • Fire TV Stick本体
  • Fire TV Stickアプリ
  • iPhone
  • モニター(テレビ)
  • Wi-Fiネットワーク

今回はFire TV Stickアプリについて詳しく説明します。

Fire TV Stickアプリ

ミラーリングするためには、Fire TV Stickに「AirReceiver」というアプリをインストールする必要があります。

こちらは有料アプリ(305円)です。

その他にも「AirScreen」という無料アプリもあります。

こちらのアプリでも問題なくミラーリングすることができますが、「AirReceiver」と違い広告が表示されます。

アプリの選び方

広告が表示されてもOKという方は「AirScreen」

広告の表示を回避したいという方は「AirReveiver」

インストール方法や設定については後述します。

iPhoneの画面をミラーリングする方法

ここからはiPhoneの画面をミラーリングする方法を説明します。

ミラーリングするためには、Fire TV Stick側とiPhone側でそれぞれ設定する必要があります。

大前提として、Fire TV StickとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続されている必要があります。

同じWi-Fiネットワークに接続されているかどうかは、接続先のSSIDで簡易的に確認することができます。

SSID(Service Set Identifier)とは、Wi-Fiネットワーク(無線LAN)のアクセスポイントを識別するための名前のことです。
接続先のWi-Fiネットワークの名前、と捉えてていただいて問題ないです。

Fire TV Stick側の設定

まずはアプリをインストールします。

今回は「AirScreen」を利用してみたいと思います。

Fire TV Stick - アプリ検索
Fire TV Stick - アプリ検索
Fire TV Stick - AirScoreenインストール
Fire TV Stick - AirScoreenをインストール

まずはアプリストアから「AirScreen」と検索して、アプリをインストールします。

”ダウンロード”とありますが、そのままインストールまで実行されます。

Fire TV Stick - AirScoreen起動
Fire TV Stick - AirScoreen起動

インストールが終わり、アプリを起動するとこのような画面が表示されます。

画面左上にFire TV Stickが接続しているWi-FiネットワークのSSIDが表示されます。

そのまま「確認」で次に進みます。

このあとQRコードが表示される画面になりますが、この画面は右上の×ボタンから閉じてしまって構いません。

Fire TV Stick - AirScoreen起動

次の画面の下に「AirScreenの認証サーバーに接続しました。」と表示されたら準備完了です。

ここでも画面右下にFire TV Stickが接続しているWi-FiネットワークのSSIDが表示されます。

Fire TV Stick側の設定は以上になります。

なお、「AirReceiver」の場合にも設定方法はほとんど変わりません。

同様の手順でアプリをインストールして起動するだけでOKです。

iPhone側の設定

次にiPhone側の設定をしていきます。

はじめにFire TV Stickと同じWi-Fiネットワークに接続されていることを確認します。

iPhone - コントロールセンター(ネット接続状況)
iPhone - コントロールセンター(ネット接続状況)

iPhoneが接続しているWi-Fiネットワークはコントロールセンターから確認することができます。

iPhone - コントロールセンター
iPhone - コントロールセンター(画面ミラーリング)
iPhone - コントロールセンター(画面ミラーリング)

あとは同じくコントロールセンターからAirPlayを起動して、接続先にAS-AFTMMを選択するだけです。

ミラーリングできなかった時の対処法

「設定できているはずなのにうまくミラーリングできない…」

そういった場合には、以下の対処法を試してみてください。

Wi-Fiネットワークの接続状況を確認する

繰り返しになりますが、Fire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングするためにはFire TV StickとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続されている必要があります。

一般的には2.4GHz(SSIDの末尾が-g)と5.0GHz(SSIDの末尾が-a)の2種類のWi-Fiネットワークをお使いのご家庭が多いと思います。この2.4GHzと5.0GHzが違うだけでも異なるWi-Fiネットワーク扱いになるため、必ず同じSSIDに接続できていること確認してください

この2.4GHzと5.0GHzが違うだけでも異なるWi-Fiネットワーク扱いになるため、必ず同じSSIDに接続できていること確認してください

Wi-Fiネットワーク(ルーター)の設定内容を確認する

Wi-Fiネットワークを構成しているルーターにはネットワーク分離機能(プライバシーセパレーター機能とも呼ばれる)が搭載されている機器があります。

ネットワーク分離機能とは、同じWi-Fiネットワークに接続している端末同士の通信を禁止する機能です。
この機能がオンになっていると、Fire TV StickとiPhoneの間の通信ができなくなり、ミラーリングができなくなってしまいます。

そのため、ミラーリングを利用する場合にはお使いのルーターの管理画面からネットワーク分離機能をオフにするようにしてください。

設定方法については、ルーターによって異なるためルーターのマニュアルをご確認ください。

僕が実際にハマったのがこの設定です。

便利な機能ですが、使うならきちんと理解できていないとダメですね。

ゆきはる

アプリの設定を確認する

Fire TV Stickにインストールした「AirScreen」もしくは「AirReceiver」の設定を確認します。

初期設定から変更していなければ問題ないかと思いますが、「AirPlay機能を有効化する」のチェックが外れている場合には、チェックを入れるようにしてください。

再起動する

すべての設定が完了していてもミラーリングができない場合には、Fire TV Stickを再起動してください。

Fire TV Stickを再起動する方法は2種類あります。

  • 画面操作から再起動する方法
Fire TV Stick - 設定
Fire TV Stick - 設定
Fire TV Stick - 再起動
Fire TV Stick - 再起動

【設定】(歯車アイコン)>【マイFire TV】>【再起動】 を選択する。

  • リモコン操作から再起動する方法
Fire TV Stick本体
Fire TV Stick本体

【選択】ボタンと【再生/一時停止】ボタンを同時押しする。

まとめ

今回はFire TV StickでiPhoneの画面をミラーリングする方法について解説しました。

Fire TV Stickは大画面で動画配信サービスが楽しめる以外にも様々な機能を備えた素晴らしい製品だと思います。

ミラーリングを活用することで、スライドショーをみんなで楽しむことができたりとFire TV Stickでできることの幅も広がりますよね。

ぜひ、みなさんもFire TV Stickでミラーリングを試してみてください。

-ガジェット・サービス